むすめきた栽培圃場見学会を行いました。

10月2日、むすめきた栽培会の圃場見学会を行いました。
img_4300

栽培面積の多い里美地区の栽培者の畑を見せて頂きました。
今回は、亀印製菓さん、農業普及所、市役所販売流通促進課、農業いばらき、茨城新聞の方々も来ていただきました。

畑は6か所見学し、農業普及所の坪井さんに作物をチェックしていただきました。
img_4298

昨年は豆の当たり年だったそうですが
今年は種まき時、雨が全然降らず、9月は長雨と小豆の生育に影響も出てきていました。
発芽時から初期成育時は雨が降らず、発芽しても無くなってしまったり、鳥害にあった畑もありました。
後半は雨が多いせいで一部病気も出た所もありました。
農薬を使わず無農薬栽培で作っていますので、
今後、天候の予測、土づくり、排水性の良い畑作りと、いろいろ考えて健康な作物を作ることを目指していきます。

畑見学後は、ふれあい館の広間をお借りして
意見交流会を行いました。
14448789_1740162399534178_8073144454292925980_n
photo by Tomita

初めに、農業普及所の職員の方より、畑の総評、対策等のお話をして頂き。
次に、亀印製菓さんよりむすめきたを使ったどら焼きを試食させていただき
14563477_1740162436200841_4417499063954226669_n
photo by Tomita

道の駅販売の状況、これからのむすめきたや新商品の構想などお聞きし
栽培者の皆さんと商品や味の意見交換など行いました。

 
10月5日の茨城新聞に、この時の様子が掲載されました。
茨城新聞2016年10月5日

 
“栽培会で収穫した“むすめきた”を常陸太田で食べれるようになりました。”

今年7月21日にOPENした“道の駅 ひたちおおた 黄門の郷”中の、亀印製菓さん実演工房付きSHOPで、
むすめきたを使った 黄門の郷 どら焼き
常陸太田の在来種“赤もち(もち米)”で作ったお餅に餡を絡めた つきもち が販売されています。
是非ご近くに寄られた方は食べてみて下さい!
img_4158

img_4153

img_4155

道の駅の場所や詳しい情報は

道の駅 ひたちおおた 黄門の郷 ホームページ
  http://www.hitachiota-michinoeki.jp/page/dir000002.html