里川晩豆

里川晩豆

地区:

里美地区

集落・地域名:

茨城県常陸太田市小妻町行石集落

種類別:

インゲンマメ

特徴:

莢(さや)に縞模様の黒い線が入る。湯がくと線は消える。

食べ方・使い方:

インゲンのように莢ごと食べる。また豆として煮豆にして食べる。霜が降りるまで食べられる。莢ごと煮て冷凍しておくといつでも食べられる。

由来:

調査先のTさんの実家、里川町七反でお母さんが作っていて、Tさんは物心が付くころには、この豆を食べていた記憶があるそう。小妻にお嫁に来て、近所の方にあげたりして、小妻では作っている方が多い。里川から来たので、“里川豆”といわれている。

播種期と収穫期:

播種期:-
定植期:-
生育期:-
収穫期:9月〜10月ごろ

関連リンク:

里川晩豆&パンダ豆