ホウキモロコシ

ホウキモロコシ

地区:

常陸太田地区

集落・地域名:

茨城県常陸太田市下河合町

種類別:

雑穀

特徴:

河合地区で300年ほど続くほうき作りの原料。いわゆるコキアとは全くの別種で、イネ科のモロコシの仲間。

食べ方・使い方:

穂先を脱穀し、茹でてから乾燥してほうき作りに使う。残りの茎葉は畑にすき込むと土作りになる。

由来:

以前は河井地区に数系統の品種が残っており、家やほうきの種類によって使い分けられていたが、現在は横山家に伝わるこの品種のみ。

播種期と収穫期:

播種期:6月下旬
定植期:-
生育期:-
収穫期:9月下旬