常陸太田の紹介

常陸太田市

常陸太田市は、茨城県の北端に位置する、人口5万5千人の街です。南を関東の清流久慈川が流れ、そこに流れ込む3本の支流に沿って、金砂郷・水府・里美の豊かな山村が広がります。気候は比較的温暖で、災害がとても少ないのも特徴の一つです。特に南部は真冬でも雪が降らない不思議な地域として有名です。

北は福島県に接し、海抜数メートルから800mまで、高低差がある地形に沿って、多様な農業が展開しています。南部の美味しい米、北部のソバをはじめ、ぶどう、ナシ、カキなどの果樹、イチゴや様々な野菜も栽培されています。畜産も盛んで、標高800メートルの里美牧場は北関東最大の規模を誇ります。お茶、コンニャクなど、中国や東南アジアの奥地から伝わった照葉樹林文化の北限にも位置しており、多様で豊かな食文化が色濃く残っています。それぞれの作物の生産量は多くないですが、多様であることが、本市の最大の特徴と言えるでしょう。

また、このような農産物を活かした食品製造業も盛んで、酒、味噌、醤油、納豆、漬物などの多様な発酵食品が作られています。

一方で、市の3分の2を占める山間部は農地が狭く効率化しにくいこともあって、専業農家の割合がとても低くなっています。このような農地をどのように活かしてゆくかは今後の大きな課題です。